パスポートの住所変更

パスポート住所変更 引っ越しでの手続き方法

 

引っ越しをすると、自治体で色々な手続きをする必要がありますが、パスポートの住所変更をする必要はあるのでしょうか。

 

パスポートの変更の手続きをしなければいけない引っ越しとはどんなものか、調べてみました。手続きの仕方なども、合わせて解説していきます。身分証明で使ったり、いざ海外旅行というときに慌てないためにも知っておいてくださいね。

 

引っ越しの時にパスポートの手続きは必要か?

 

まず、引っ越しをした時にパスポートの手続きが必要かどうかですが、家の住所が変わっただけなら、パスポートの住所変更手続きをする必要はありません。

 

もともとは、パスポートに住所は記載されていないからです。
※変更手続きが必要なケースは後述します。

 

パスポートの住所の記入と変更

パスポートの住所は、パスポートを受け取ってから自分で行っているともいます。つまり、本人の住所は、パスポートの所持人記入欄に、任意で書いておくものなのです。

 

もし、そこに住所を書いているなら、新しい住所へ自分で変更しましょう。古い住所を2重線で消して、新しい住所を余白の部分に書き込んで下さい。

 

自分で住所を変更する時の注意点

このときに、修正液を使って消さないように注意しましょう。あくまでも訂正した古いものが、見えるようにする必要があります。

 

引っ越しが重なって、余白にスペースが無い時でも、ほかのページに自分で書き込んでしまわないようにして下さい。

 

パスポートの変更手続きが必要なケース

引っ越しをして、戸籍の情報が変わった時には、パスポートセンターで手続きをしなければなりません。

 

結婚して引っ越しをした時には、姓が変わっていますし、本籍地も代わることでしょう。逆に離婚して、旧姓に戻ったり、本籍地も変わったりした時には、パスポートの手続きが必要となります。

 

パスポートの変更手続きの仕方

パスポートの本籍地の住所や姓などを変更する時には、古いパスポートを返納して新しいパスポートを受け取るか、記載事項変更旅券を申請する必要があります。

 

記載事項変更旅券を申請する時には、住民票のある都道県のパスポートセンターに行って下さい。手続きをする人は、代理人でも可能です。

 

手続きに必要なもの

必要なのは、一般旅券発給申請書と、6ヶ月以内に発行された戸籍謄本か戸籍抄本、そして6ヶ月以内に撮影した顔写真です。記載事項変更旅券の申請は、最大で8営業日ほど掛かります。

 

海外への引っ越しなどの時には、10日前には申請をするようにしましょう。手続き自体は代理人が行えますが、受け取りの時には本人でないといけませんので、注意して下さい。

 

まとめ

パスポートの住所変更は、通常の引っ越しの時には必要ありません。しかし、結婚のために引っ越しをして、姓や本籍地の都道府県が変わる時には、手続きが必要となります。

 

新しいパスポートを受け取るまでには、日数が掛かりますので、早めに申請をするようにして下さい。

の最安値を見積もりでお引っ越し!

引っ越しのサカイの料金を安くする見積もり方法